オンライン薬局による医薬品の輸入

やっきょくネット

その他記事紹介

オンライン薬局による医薬品の輸入

それでは今回もオンライン薬局による医薬品の輸入についての解説を行っていこうと思います。

インターネット中の医療用品の輸入のために私益の観点からするとアメリカのオンライン薬局(偽物、カナダの薬局では「そしてその協力者、さらに含む必要があること」)には正当なおよび安全になるようにサイト・ビジターに説得する、あるいは公共機関が医療用品などの輸入に関してそれを怠ったふりをして、インターネット上の卸売が正当な場合、それは要求します。

しかし怖いのが犯罪組織の中で、オンライン薬局が世界で利用されるという事です。
各国で働いている犯罪組織のRxCash.bizは多くの日本の不正確なオンライン薬局(例えばi-kusuri.jpのようなサイト)を管理しているように見えます。

eDrugNetと呼ばれる組織が、それがしばらくの間規模の小さな犯罪組織である場合にedrugnet.jpと呼ばれる個々のサイトを開発するように見えます。

さらに、それは会社としてアメリカで存在しますが、Hampstead株式会社/オズ・インターナショナルと呼ばれる組織(ドメイン登録情報はidrugstore.comのようにサイトのために隠され、それは管理していますので注意が必要である)
医療用品は、日本へ承認されない他の位置から送られますので、危険度も高いです。