薬を販売する時の日本の法律

やっきょくネット

その他記事紹介

薬を販売する時の日本の法律

では薬を販売する場合の日本の法律を見ていこうと思います。

日本の法律(49個の薬事法)は、正当な処方箋の補助金を受け取った人以外の人への医療用品の販売を禁止します。
医者は、処方箋を公表するために外国のように自分を分析する必要があります。
(20個の医師法)したがって、インターネット上の相談を行なうオンライン薬局(すなわち、持っていること、ない、情報形式に単に入力する医者の診断サイト、の上で、オン・ライン)は、LegitScriptのデータベース上で不正確なインターネット薬屋(悪者)として分類されます。

医療用品は日本で売られますよね?
その中で、日本のすべての県においては、それが正しい場合、薬学設立は許可を与える必要があります。

外国のように、日本で医療用品を売るためには、すべての県により各々の中の許可を得なければなりません。
(薬事法、24番目の記事の第4条)
したがって、法律によって許可を定義しない薬屋が不正確であることが考えられてください。

日本の法律で医療用品の輸入に関していくつかの柔軟なポイントがありますが、その場合などに一致すること、個人の自己使用のために達せられる、アメリカまたはカナダが好きである、旅行などによって海外から東京へ行く場合に適用されるようです。